使い勝手抜群!オススメ保存容器・タッパー【作り置きのメリットはダイエットに繋がる】

保存容器・タッパーは、良いことたくさん!

料理をまとめて作って保存しておくと、翌日の食事の支度が楽だったり、時間の節約ができたりで、いいことづくし!

使っていく中でたどり着いた、使い勝手の良い保存容器・タッパーをご紹介します。

f:id:tatatapi:20190807201339j:plain

 

メリット① 食べ過ぎを防ぐ=ダイエットに

いろいろなメリットがある中、何から書くか迷いましたが、、

私の中での一番のメリットはこれでした。毎日ご飯を作りますが、どうしても作る量が多くなる日が出てきます。 多く作りすぎた日は「これくらいなら食べられる!」と思い、腹8分目どころか、腹10分目まで食べています。

しかし、毎日お腹一杯食べていると・・・気が付いた時には(2か月で)体重が4kgも増えていました

自分たちの腹8分目という適量を知り料理を作ると、必然的に主菜でも副菜でも1人前や2人前多く作ってしまたな、という日が出てきます。特に副菜の1人前って意外と少ないんですよね、適量だと。

なので、それを容器に保存しておくと、食べてしまうはずたったエネルギー(カロリー)を翌日に持ち越すことができます。これを実行するだけで、食費も浮きますし、カロリーも控えられて、一石二鳥です。

料理を作って食べる前ってどうしても「これくらい食べられるでしょ!」と思ってしまうもの。そこを冷静になって我が家では食べる前に保存容器に作った料理を少し入れて食べる量を減らし、翌日分に少しだけ繰り越すことにしています。

 

メリット② 翌日のおかずが1品増える 

f:id:tatatapi:20190807201304j:plain

料理を毎日して栄養のバランスを取っていくのは意外と大変!

1日だけなら頑張れてもこの料理生活がこれから毎日続いていくと思うと、果たしなくて先が想像できないですよね 笑

それに外食だと栄養が偏りやすくなりますし、、

そこで!作り置きがポイントになってきます。大切な家族、そして自分の健康のために、そして食費のためにも家でバランスの良い食事を作りたいですよね。でも毎日は疲れちゃう。そこで、我が家で実践しているのは「1日は作って、1日はサボる!」

こうすれば30%くらいは料理の手間が減らせると思います(イメージ)。

1日はしっかり料理を作り、作り置きする。それを翌日や翌々日に繰り越す。1人の昼食にしても良いですし、晩御飯の1品にしても良いでしょう。

「1日1食分」ではなく、「1日2食分!」を目標に料理をしましょう。

 

メリット③ 料理が楽になり時間の節約に

f:id:tatatapi:20190807201410j:plain

 

時間は本当に大切です。1日に作る料理が3品から2品に減れば、それだけでかなり楽ですよね?

作り置きをすれば翌日以降の品数が減る=料理時間が減る=時間に余裕ができる

 

プラスチックよりガラス製のものを!

これは断然ガラス製をオススメします!大きなメリットを3つご紹介。

 

①プラスチックは使用したり、洗う時に小さな傷が入りそこから菌が入り込みやすくなるので、衛生的によくない。

②電子レンジはもちろんオーブンでも使用でき、冷蔵庫から出してそのまま温められ、オーブンでも使用できることで、料理の幅も広がる。

③においがつかない!プラスチックだとどうしもにおいが付いて取れません。しかし、ガラスならしっかりにおいが取れます!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?時間も手間もカロリーも減らるのが作り置き!生活が変わりますよ♪

作り置きに必要な保存容器・タッパーは電子レンジやオーブンを使えるシンプルてお手ごろなものを選びましょう!